FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性が男性に男らしさを感じるときは、どんなときでしょうか

女性が男性に男らしさを感じるときは、どんなときでしょうか。


その一つとしては、男性に生きていく力強さや賢さ、知恵を感じるときです。


どんな状況になっても動じないタフな精神力を持っている男性に男らしさを感じるのだと思います。


よき女性をパートナーとして得たいならば、
大切な人を全力で守る覚悟や精神的な強さを兼ね備えていることが大切ということになります。


「自分は、妻のことを心から愛しているし、

なにがあっても妻を守り抜く覚悟があります。

いざとなれば自分の命と引き換えても彼女を守ります」

こうでなければならないわけです。


男性が精神的に安定していること、
気分の浮き沈みが少ないことに男らしさを感じるでしょう。


女性は、平安・安定を望み、争いごとや不安定を嫌う特質がありますから、
男性が物事に動じたり、平静を失うことは、
その男性に対する魅力や評価を下げることになってしまいます。



とは言え、男性も日々ストレスと戦いながら生きていますから、
パートナーの女性からの励ましやスキンシップが男性の精神的な安定にもつながるのです。


ここを女性は、
よく理解しておかないと安定した夫婦愛を維持・発展させていくことは難しくなります。


うわべだけをかっこよく見せようとするのではなく、
上記のセリフを心から言え実践できる男性を目指さないといけませんね。



蛇足ですが、安定を望む女性心理を理解するならば、
コロコロ、職を変えている男性には女性は魅力を感じないということになります。



一つのことに集中して取り組み目的を達成するというのも男性らしさを感じさせる特質ですから、
それができないような男性には、女性は頼もしさを感じないということになります。


人にとってパートナーと愛し合うことがいかに大切かということについて、
もう少し考えてみます。


どちらかからの一方通行ではなく、
一生を通して互いを思いやるんだという努力をしていくことが大切ですね。


男女の性差を互いによく理解していること、
男性は女性心理を、女性は男性心理を理解していく必要があります。


男性の立場からいえば、自分をたててくれる、持ち上げてくれる女性に惹かれます。

心理的に子供な部分があるのが男性ですから、
母性を持って優しく対応する女性がいわゆるあげまんなのですね。



男性は女性を愛することが幸せの生命体である、
女性は男性に愛されてこそ幸せであるというのが、
もちろん基本ですが、

男性も愛を受けなければ生きてはいけません。


その男性に愛を与えるのが女性です。


男性がいかに仕事でバリバリ働く力強さを持っていたとしても、
時に甘えたい時もあるわけで、女性はそのようなときは「愛されたいのね」と
母として愛さないといけないのです。


そうすれば男性は、
また元気になってスキンシップや思いやりの言動で女性を愛してくれるわけです。


男性は仕事(ビジネス)なり目的、目標に向かって突き進むという性質を持っています。

これは、男性に備わる本能的性質ですから、そんなに努力はいらないのです。


しかし、それだけでは「男」になれないのです。


本当に女性から、パートナーから評価された時に初めて「男」になれるのです。

「男」の存在理由が立つのです。



パートナーのいない男性が増えてきていますが、

彼らが、
日常的には幸せなのだけど満ち足りなさを感じる理由がここにあるのですね。


つんとしている女性よりも母性の優しさがにじみ出ている女性は素敵ですね。


日々、少しでもよりよい人生にしていきましょう。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

プロフィール

優貴

Author:優貴
43歳男性:性感アダムタッチで女性を癒やす活動をしています。
男性に愛されず寂しい思いをしている女性に対して優しく優しくです。
女性は、本当にすばらしい存在であり、拝んで尊ぶべき存在ですから、
すべての女性の幸せを心から念じております。
世の男性は、もっと女性を拝むぐらいに尊重して愛でて守るぐらいじゃないとと思うのです。
まだまだ、あなたはいっぱい愛されて当然な素晴らしい女性です。

お問い合せは、sexotome1234@gmail.comへメール願います。
より多くの方にアダムタッチを味わっていただきたいという思いが私にはあります。
富山を拠点にしていますが、全国出張いたします。
アダムタッチをさせていただく費用は無料ですが、基本的に交通費とホテル費用をご負担いただきたいと思います。
自然豊かな富山にお越しいただくのも歓迎いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。