FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勉強」する際に持っておくべき心構え

今回は、「勉強」について考えてみたいと思います。


いつの時代も、より成長したい人、より多くのお金を得たい人は、
自分のスキルや技術を勉強して高めることに一生懸命になっています。


将来に対する備えということで勉強をしている人もいます。


資格試験の勉強をしたり、
グローバル化なのでTOEICの勉強をする人もいます。


最近では、いろんな分野のセミナーも多いですから、
勉強する形態は、人それぞれの立場で多様です。


ここから、私の提案です。


● 「勉強」する際に持っておくべき心構え(マインドセット)について


勉強する目的が、自分の成長だけを念頭に置いているのであれば、
それは、言い換えれば
自分の利益実現のために頑張っているという状態です。


そうではなく、勉強して得た知識や気付きは、

後輩、後世の人に伝えていくんだという姿勢が大切だと思うのです。


勉強や学習は、

遠い昔から先人たちが、これまで伝えてきてくださっことを元にして、
自分の力で、ああだこうだと、より掘り下げていくものです。


確かに人一倍、苦労して勉強で得られた知識を自分だけのもの、

独り占めしたいという気持ちが出る場合もあるかもしれません。


しかし、勉強して得られた新しい発見、気づき、有益なことは、

人に教えたり、伝えたりして、
多くの人と共有していこうという姿勢でいたいものです。


自分が学んで身につけた良い技術ならば、

ぜひとも真似して習得してもらいたいというスタンスでいたいのです。


別の言葉で言うと、


世のため、人のためにという姿勢を持って勉強に取組んでこそ、

その成果が最も高まると思うのです。


MBAホルダーやTOEIC高得点者の中に、実務で使えない人が意外と多いのも、
こういった意識が不足している人たちだからではないかと思います。


勉強の動機が、自分の名誉や利益ばかりではなく、

習得した知識や技術を多くの人に教え伝えるぞという気概を持っていれば、

自然と学びの質も高まっていくと思うのです。


この知識や技術は自分だけの極秘で、

墓場まで持っていくんだという姿勢の人は、
真の幸せにはなりにくいかもしれません。

真に価値のある事も学べないかもしれません。


自分で最後にしてしまおうという姿勢の人に対し、

先生も本当に大事な事を教えようと思わないかもしれません。


知識や技術は過去の先達から綿々と受け継がれてきた大切なものなわけですから、
自分勝手に途切れさせるのは、たいへんもったいないことです。


勉強は教育・伝道と切っても切り離せないと思います。


子育て、育児をするような気持ち・覚悟でしたいものですね。


愛情、心を込めて勉強できればいいですね。


コメントや、メッセージなど、気軽にくださると嬉しいです。

少しでもよりよい人生にしていきたいと思っています。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

女性を愛する能力を磨いていく

今回は、男性の努力が必要という話をします。


女性というのは、花です。


と、このように皆が思って生きていくようになると、何かといい世の中になると思います。


女性は愛されれば愛されるほど、エネルギーが発散されてプラスのエネルギーを男性にくれます。


女性に愛を注がないと恨みや憎しみの負の作用が働いて、パートナーの男性は辛い重荷を背負うことになります。


基本的には、女性を怒らせないようにしましょう。

女性のエネルギーはすごいですから、怒りのエネルギーにより男性が受けるダメージは大きいのです。


男性は、女性を甘く見てはいけません。

男性の想いというのは伝わるのです。


男性に生まれた以上は女性を愛する能力を身につけるということが大切です。

人間としての精神面、性の技術面の両方においてです。


男性は女性を愛するという責任を生まれた時に持つのです。


女性の心、ハート、気持ちを開くには、まずは、男性がリラックスして自らのハートを開く必要があります。
そうしなければ女性はハートを開きません。


両者のハートが開くことでエネルギーがすーっと流れだします。


では、自分(男性)のハートを開くにはどうすればよいかということですが、

まずは、相手に対して感謝することです。


年下であろうが、目下の女性であっても、まずは感謝することです。

そうすると自分のハートが開きます。


日頃から、周りの人や事象に感謝していくことが大切です。

「ありがとう、ありがとう」という念を持つということです。


よく知っておくべきことは、感謝と喜びは、これは一体なのだということです。

喜びを得たいのであれば、感謝しまくればいいのです。



次に女性に対して尊敬の念を持つことが大切です。


たとえば自分が管理職で女性が部下であったとしても、

女性という存在そのものが素晴らしいのですから、

上から目線ではなく、むしろ下から目線でいてほしいのです。


こういうような考え方でいると謙虚な気持ちになります。


自分(男性)が持っていない女性の素晴らしさ、良い点、資質を学ぼう、吸収しようという姿勢です。


そこから女性を思いやる心が出てきます。


(幸せに穏やかに生きるためには、ありとあらゆるものに思いやりの心を持っていくという姿勢が大切です。)


ここまでの話をまとめますと、女性にモテるための小手先のテクニックを学ぶのではなく、

この3つ(感謝、尊敬、思いやり)を日頃から心がけることで自分の心、ハートが大きく開けてきます。


「あなたの心が開いている、リラックスしてるんだから私も心を開くわ」という女性が現れてきます。

この3つができていれば、テクニックなど不要なのです。


そうすることでエネルギー、気の良い流れ・循環が生まれるのです。

補足ですが、相手のいいところを口に出して伝えるということが大切です。


たとえば心の優しさをほめるといったことです。

「あなたのこんなところが素晴らしいね」と心より愛でることが大切です。


そうすることで、女性のハートが開けてきます。

一般に男性は、女性に対して


感謝・尊敬する、

評価する、

褒める、

理解してあげる、

認めてあげる、

大事にしてあげるという思いやりをもつ


ということがまだまだ不足しています。

今日から意識していきましょう。


最後に、性の技術面の習得として、


DVDでわかるアダム徳永のスローセックス ふたりのLOVEマッサージ術/日本文芸社
¥3,888
Amazon.co.jp


などで勉強していくのもいいかと思います。


コメントや、メッセージなど、気軽にくださると嬉しいです。

少しでもよりよい人生にしていきたいと思っています。



聞き上手、質問上手になることがビジネス、恋愛、日常生活において、とても大切です。

聞き上手、質問上手になることがビジネス、恋愛、日常生活において、とても大切です。

男性エネルギーが強いと、女性が会話において相談、質問してきたときに

本能的に、すぐにアドバイス、結論を出してしまいます。


これは、よく言われてることなので、ご存知の方がほとんだと思いますが、

女性は、まずは話を聞いてもらいたいのであって、答えは二の次だということです。


女性の話を黙って最後まで聞くことができず、

せっかちに「それは違うよ」とか、「もっとこうしたほうがいい」と

口を挟み、しまいに説教までしてしまうのは、もってのほかです。


女性の心をつかむためには、「うん、うん」「そうだね」と相づちを打ちながら
よく話を聞いて、
さらに話を広げられるような上手な質問をして、
ずっと女性に気持よく話させてあげることが大切です。


とにかく、最後まで話しを聞くということが、とても大切なのです。

今、相手の話の何%ぐらいまで聞けてるかなというように意識して、真剣に聞いてみようという姿勢が大切ですね。

そうすると、相手から、あなたと話していると楽しい、時間があっという間にたっていくみたいなことを
言われるようになってきます。

自分がほとんど話していない、相手がただしゃべっているだけでも、このようになります。


次に男性が会話に意識しておくとよい考え方、姿勢を少しお話します。


人の会話は、本質的に「過去の話」、「他人の話」が8割ぐらいだといわれます。

ここで、「肯定的、ポジティブな言葉をつかって明るい未来の話」をしていくと人に好かれ、必要とされるようになります。

具体的に言うと

「未来の幸せになっている相手を想定して語りかける、話をする」
「今のその人にというよりは、成長、進化して良くなっている相手のことを想いながら、アドバイスする」
と相手が心地よく感じるので、相手も成長していくようになります。


人間は、本質的に誰かに理解、共感してほしいという思いがあるので、

それを満たしてあげられれば、相手の心を掴むことができるようになります。


女性の心を掴みやすいフレーズは、いろいろありますが、今回、一つだけ紹介いたします。

「(最近、)甘えられてる?」と女性に言ってあげるといいです。

今の時代、甘えられていない女性が多いからです。

本能的には、
女性は男性に依存していたいので、

「もっと甘えていいんだよ」と、いい雰囲気、いいタイミングで言ってあげると、

感情がときめいてコロッといく女性が多いです。

「ほんとは甘えたかったの」と言ってくるので、頭いい子いいこ撫で撫でしてあげれば完璧です。

女性は、いくつであっても女の子扱いしてあげましょう。

多くの方々が、心優しくあたたかく生きられればいいなと思います。

涙を流すくらい真剣に聞く

「10年後を後悔しない20の言葉」という本があります。
著者は、デイサービスの会社を経営している方ですが、
多くの老人介護に携わった中から、20人の方のお話をしてくださっています。

「高齢者は最高の人生の教科書」と言われるだけあって、どのお話も深く考えさせられ、たいへん教訓となりました。

その中でもTさんという男性の介護の話が強烈でしたので紹介します。

Tさんは、身体マヒがあり独りで立ち上がることができないので、
奥さんと他4人の計5人が力をあわせて介護してたそうです。

4人の女性はローテションで日にちが決まっており、
常に奥さん+一人の女性、つまり二人の女性が毎日、介護にあたるという環境でした。
しかも4人の女性はすべて男女の関係になっていたそうです。

入浴介助のヘルパーとして訪れた著者(男性)に

奥さん
「もちろん、私以外の女性なわけだから私も最初は嫌でしたけど、
私以外の4人もこの人(夫)のことが必要で、この人に助けられてきた人たちだったのです」


女性のひとり
「Tさんは、お金があるわけじゃないし、顔もまあ、人並みですよね。
でもね、私と真剣に向き合って話を聞いてくれたのです。
私もそうだけど、みんな、Tさんのおかげで生きてこられたのです」


Tさんが亡くなったあと、

奥さん

「あの人は、本当に真剣に人の話を聞く人だったのです。
相手のことを真剣に考えて涙を流すし、そこまでしなくてもというくらい真剣に人に接してきました。
だから私以外に女の人が4人いると知ったときも、
この人は私だけで独占しちゃダメなんじゃないかって思いました。
あの人は寝たきりになっても、私たちへの接し方は何もかわりませんでした。
調子が悪くてつらくても、私が話すと一生懸命聞いてくれました。
それで、いつも最後にありがとうって言ってくれるのです。
それが嬉しくてしかたがないのです。」


著者の男性(ヘルパー)

「普通は、介護する側のヘルパーが、話をきくことに徹するものです。
しかしTさんが相手だと、私のほうが話し込んでしまうのです。
人の話を真剣に聞くこと。涙を流すくらい真剣に聞くこと。
言葉でいうと簡単ですが、これを実行するのは難しいです。
真剣に話を聞いて、重みのある温かい一言をかける。
それを実行したTさんだからこそ、資産があるわけでも地位があるわけでもないのに、奥さん他に彼女が4人もいるという状態を実現できたのだと思います。
Tさんは、魅力的で素敵な人でした。
真剣に人の話を聞き、親身になることが、どれだけ人を助けるのかということを教えられました。」


周囲の人の話を真剣に聞けているだろうか?

家族や友人の相談ごとを面倒だと思ってしまっていないだろうか?

恋愛においてもビジネスにおいても、また家族、友人関係においても「相手の話を聞く」ことの大切さは、強調されますが、本当に心で聞けてるだろうかという反省をさせられました。

夫婦愛を継続していくためには

人にとって幸せとは、何かっていうことを結構、考えながら生きています。

これは、若い時からずっとですが、死ぬまで考えてるかもしれません(笑)

究極には宗教によらねばならないと思いますが、ここではそういった宗教の話は置いとくとして、

「幸せ」とは何か、ぱっと考えたとき、私の頭から真っ先に出てくるのは、なんと言っても男女の愛です。

男女が愛し合うことが、やっぱり幸せなのではないか、幸福度が高いのではないかと思います。

(もちろん、メリットやデメリットもいろいろありますし、絶対に必要かと言われるとそうでもないケースもあるとも思います。)

言ってみれば、人はそもそも孤独なんだと思うのです。

心が寂しい、淋しいので、自分のことを理解してくれる人を求めるのだと思います。

「ありのまんまのあなたが好き、今のあなたでいいんだよ」というようなことを言われたら嬉しいですよね。

自分のことを理解してくれる人と言えば、それは究極には仏さまのような存在なのでしょうが、人に求めるならば、やはり男性にとっては女性です。
女性にとっては男性だと思います。

家族愛、親子愛も素晴らしいですが、心の満たされ度合いから言うならば、やはり夫婦愛ということになると思います。

しかし、良きパートナーにめぐり合うのは、なかなか難しいですよね。

そもそも人は成熟したならば、男女が愛しあうことが最も自然の理にかなっており幸せなことだと思います。

男女が互いに、お互いをよく理解し、いたわり思いやりながら結婚生活を営なみ育んでいけるならば、素晴らしいことだと思います。

成熟した男女において、上記のようなことがうまくいっていないから、無用な悩み、ストレスで苦しんでいるというのも一理あると思います。

昨今は、3割ぐらいの夫婦が離婚してしまうようです。

ですから、夫婦愛を継続していくためには、男女ともに男女の性差に対する意識が高いことが大切だと思うのです。

男女が互いに男女の性差、心理について賢くなくてはならないのだと思います。

女性が男性心理を学ぶに平易な書として『男は3語であやつれる』という本があります。

ぜひとも読んでいただきたいと思います。

「すごーい」「あなたみたいな人なかなか、いないよ」「あなたって頼りになるね」

このような言葉がけをさらっとできる女性は、男性のパワーを十二分に発揮させると思います。

男性が成功するかどうかというのは、実はサポートする女性のこのような心遣いが大きいのだと思います。

男性は、女性を愛することで幸せを感じる生命体ですし、逆に、女性は男性に愛されることが幸せな生命体だと思うのです。

これが、うまい具合に機能するのが理想だと思います。

男性は、女性からどんどんこのような言葉をかけて欲しいです。
しかも、笑顔でということが大切かもしれません。

そうすると調子に乗って、どんどん女性に対してサービスもするでしょうし、仕事でも大成功すると思います。

「返報性の原理」にも通じますが、愛する女性が尽くしてくれたら、それ以上のことで返そうと思うのが男らしい男性だと思うのです。

なにより夫婦仲が良いことが育児への意欲をわかせます

育児本「完 子どもへのまなざし」は、なかなか勉強になりますね。

日本の親は、夫婦同士の愛もさることながら、子どもから愛されたいと強く望むようです。

その感情の変形が、自分が望むような子になってほしいとなると。
思い通りにならないと虐待につながることにもなる。

虐待をする人は、自分自身が幼いときに、親から同じようにされた経験を持ち、愛情に飢えている場合も多いそうです。

愛情に対する欲求がとても強いから、子どもを愛することよりは、自分が愛されたいということに、ずっと大きな関心があるとのことです。

著者の先生いわく、夫と仲の良いお母さんで、わが子を虐待する人は見たことがないということです。

夫婦仲が良いことが育児への意欲をわかせるのは、疑いのないことだといえます。

「育児は、孤独な状態でやるものではないです。
 虐待という不幸な状態にある家族を支援するということは、その親の人間関係を支援するということです。」

幸せの基本は、夫婦愛にあることが、ますます確認できたわけですが、育児、教育の諸問題について、これからは、もっと関心をもって勉強していかないといけないなぁと思います。

虐待等の育児問題と夫婦関係について

『完 子どもへのまなざし』(福音館書店)という本があります。
http://p.tl/SozE


児童精神科医の佐々木正美さんの書かれた本ですが、
心あたたまる優しい読みやすい文体ですね。

多くの方に読んでいただきたいと思います。


要約して、少し紹介します。




若い母親に対して、「育児に関して、どういう気持ちをもっていますか」


というアンケートをしたそうです。


「育児はつらく、いらだちや苦痛などストレスを感じ、子どもを生んだことを後悔している」

という育児に対する否定的な気持ちの回答もあれば、

「たとえ育児に困難はあっても、それ以上に喜びや生きがいのほうがずっと大きい」

という肯定的な気持ちを持っているものがあるということでした。




一般的な傾向として、育児に肯定的な気持ちを持っている人は、


住んでいる地域に長く住んでいる、隣近所との交際に積極的である、

自分の実家・夫の実家とのコミュニケーションがうまくいっているとのことです。



育児の心配や悩みの解決も、肯定感を持っている母親ほど、周りの人に相談し、

否定感を持っている母親は育児書や育児雑誌に頼りがちとのことでした。



そして調査結果の整理から明らかになったこととして、

母親の育児に対する肯定的な気持ちを起こさせる大切な要素の一つに

夫が育児に協力的であるということが、やはりあったそうです。



しかし、思いもよらぬことは、ここからです。



「夫は育児に協力的です」と答えた母親のなかでも、

育児に否定的な感情を持っている人が、かなりいたということです。


逆に、「夫は仕事やそのほかの都合で、育児にほとんど協力してくれない」、

と答えた母親のすべてが、育児に否定的な感情が強いかというと、


そんなことはなかったということです。



夫が育児に非協力的でも、育児に生きがいを持っている


こういう母親もたくさんいたことが調査からわかったのです。



ここから言えることは、育児に対して肯定的な感情をもつ母親は、


夫婦のコミュニケーションを通して、妻として夫に対して満足しているということだと思います。



夫に対する肯定的な感情がそのまま育児にも反映されるのですね。



夫からの愛情表現が豊かであるならば、家庭で妻は母親として母なる力を発揮しやすいわけです。


ですから、たとえ夫が育児に協力的であっても、妻からみて満足できる夫でなかったなら、


母親は育児に否定的な感情をもつし、豊かな母性機能は発揮されにくいということも事実ということです。



こうしてみると、あらゆる人間関係の基礎は夫婦関係が基礎であると思わずにおれません。



そこから、親子関係、社会における人間関係へとつながるわけですからね。



「人間は自分の幸福を追求し続けるだけでは、けっして幸福にはなれない。
本当に幸福そうにみえる人をよく観察するといい。
その人は必ず、誰かほかの人たちを幸福にしながら生きている」


「人間は、あの人(たち)を幸福にしたいと、真に願って、そのための努力をしながら生きなければ、
けっして自分の幸福を得ることはできないのです。



ですから、幸福になるための術は、理屈だけならば簡単です。


幸福にしたい人を持つなり、探すなりすればよいことになります。


自分の目の前にいる家族を本気で幸福にしたいと思って努力を続けることができれば、
その人は、かならず幸福になるのです。」



私達はともすると、


家族の幸せを思い続けることができなくて、


つい自分の幸福だけを求めがちになりますが、

自分の喜びを、喜びをもって迎えてくれる人がいなければ真の喜びにはならないでしょうし、

同時に悲しみも、自分の悲しみのように分かち合ってくれる人がいると、

本当になぐさめられるものですね。


男性をお金持ちにする女性になって、生涯安泰を目指しましょう

女性の方に心がけてほしいことがあります。

本心でなくてもいいですから、とにかく毎日、男性に対して賞賛をあびせることが大切だということです。

「あなたってすごいね」
「あなたみたいな人、なかなかいないよ」
「あなたって頼りになるね」 

とにかく褒めればいいのです。

そうすれば、男性はエネルギーに満ちあふれハツラツとして働くようになります。

男性の持つ能力以上の120%の力を発揮させることができるか、逆に50%程度も発揮させられないかは、女性が鍵を握っています。

褒めるということは、恋愛に限らず人間関係の基本とも言えます。

褒める言葉をタイミングよく発することで、相手の人生すべてを肯定していることになるのですから。

「ありのまんまのあなたが素晴らしい、今のまんまで充分です。」

というのがこれ以上ない愛です。

人は、人からの信頼、信用を感じられたり、認められていると感じられることで自分に自信を持ちます。

自分に自信を持てている人は、周りの人にも優しく愛情を注げます。

このような好循環が生み出さされるわけですから、日頃から相手を褒める、肯定するような愛情のこもった言葉を紡ぎだしていけるようにしたいものですね。

ただし、男性に媚び過ぎたり、尽くしすぎたり、奉仕しすぎたりすると、男性の自立を阻み、スポイルすることになるのでバランスは必要です。

男性は、みな自分がヒーローになりたがる生命体ですから、その力を発揮させるようにしてあげてください。

そういう意味で男性を立てる必要があるということです。

また、あなたがパートナーの男性を【心の底から信じきっているよ】ということが、ひしひしと相手に伝われば、相手の男性は、あなたを裏切ることは簡単にはできなくなるのです。

女性と長続きさせるためには、どすうれば良いのか

ようやく付き合えるようになった女性と長続きさせるためには、どすうれば良いのでしょうか。

どんなに女性心理を研究したり、学んだりしたとしても、女性と長い時間かけて付き合う、過ごすようになると、表面的ではなく、男性の人間としての器、総合的な人間力が大切になってきます。

女性を理解し思いやる気持ちを持ち続けていけば、だんだん女性の考えていることがよくわかるようになります。

女性の気持ちに寄り添い、女性が望んでいる通りのことを言動で表せるようになれば、ずっと男性に女性は甘えてくるものです。
プロフィール

優貴

Author:優貴
43歳男性:性感アダムタッチで女性を癒やす活動をしています。
男性に愛されず寂しい思いをしている女性に対して優しく優しくです。
女性は、本当にすばらしい存在であり、拝んで尊ぶべき存在ですから、
すべての女性の幸せを心から念じております。
世の男性は、もっと女性を拝むぐらいに尊重して愛でて守るぐらいじゃないとと思うのです。
まだまだ、あなたはいっぱい愛されて当然な素晴らしい女性です。

お問い合せは、sexotome1234@gmail.comへメール願います。
より多くの方にアダムタッチを味わっていただきたいという思いが私にはあります。
富山を拠点にしていますが、全国出張いたします。
アダムタッチをさせていただく費用は無料ですが、基本的に交通費とホテル費用をご負担いただきたいと思います。
自然豊かな富山にお越しいただくのも歓迎いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。